共有型

 玄関を共用にし、ほかの生活空間は分離するスタイル。プライベートな生活を楽しみながらもほどよく交流できます。お互いのプライベートゾーンを通らずに出入りできる玄関の配慮が必要です。予算の関係や建物の広さが制限される場合は、浴室も共用します。その際には掃除の分担などを事前に決めておきましょう。


 

 例えば、玄関と浴室は共用でも、毎日の団らんは世帯ことに分けてプライバシーを尊重します。浴室などのサニタリーは相手世帯を通らずに出入りできるように配慮し、2階の子世帯にもシャワールームを設けておくと気兼ねなく生活できます。また、2階のキッチンには外階段に続く勝手口を設け、サブ玄関としても利用できます。


ここで紹介した以外にも同じ敷地に別棟を建てたり、これらのタイプを複合的に組み合わせたり、それぞれの家族の暮らし方によって違ってきます。