プラン前の注意点

 2世帯住宅の大前提は、何といっても、なかよく暮らすことです。そのためには、まず、どんな居住関係で暮らしたいかを親世帯、子世帯ではっきりと意見を交換することです。お互いに言いにくいことがあれば、別べつに要望をまとめて意見を交換しあい、同時に住宅メーカーの設計者、施工会社の営業マンと相談して、何がベストか追求することです。
 

ここである程度完成後の生活がイメージできるくらいまでの話し合いをできるのかどうかが、今後の新しい生活をする上で、非常に重要な点となります。
 平均寿命が延びて、両親と暮らしをともにする時間も増えているのですから、お互いに将来を楽しく、なかよく過ごせるよう十分に話し合いましょう。