二世帯住宅の贈与税

 若い子世帯は両親に資金の援助を受けて二世帯住宅を建てるというケースがよくあります。親や祖父母から住宅資金の援助を受ける場合、一定の条件さえ満たせば、「住宅取得資金の贈与特例」が適用されます。この特例が適用されると300万円までは無税で、それ以上の場合も1000万円までは通常の贈与税よりぐんと税金が少なくて済みます。
 また、夫婦そろってそれぞれの親から援助を安ければ600万円まで無税になります。ただし、この特例が適用されるのは一生に1回だけです。
 なお、共有登記にして親から貸金を出してもらう形をとれは贈与税はかかりません。