キッチンを2つ

 子世帯の生活の時間が不規則で親世帯とズレたり、食事の好みが違う場合はキッチンを2つ設けることを検討しましょう。料理の味付けや献立など食生活は、お互いの生活文化の違いを一番感じやすいところです。食事がままならないと同居への不満やストレスもたまってきます。
 キッチンを分けたからといっても、食事は2世帯一緒というパターンも考えられます。また、メインキッチンのほかにミニキッチンを設けておくとお互い気兼ねもなくなります。