高齢者配慮住宅のポイント

ポイント① 各部屋の出入り口の段差をなくす(バリアフリー)
 室内ドアの床には沓ずりが設けられていますが、こうした小きな段差ほどつまずきやすいものです。万一、車イスを使う場合も段差がなければ移動が楽です。

ポイント② 階段を上がり下りしやすくする
 階段の勾配はできるだけ緩やかにして、手すりは連続して使えるようにします。足元が暗くならないように自然光を採り入れる工夫をしたり、足元灯などの照明を設置します。階段の形状も転倒事故の危険を考えると、途中に踊り場のある折れ階段が安全です。

ポイント③ 簡単に扱える水栓やスイッチを採用する
 手先の細かい動作や力が弱くなるお年寄りの世帯には、水栓は握りやすく力が入れやすいレバー式、電灯のスイッチは手のひらで押せるワイドスイッチが便利です。

ポイント④ 基本的な生活空間は1フロアにまとめる
 サニタリーが寝室に近いことば必須条件です。とくにトイレは寝室と隣接させたり、寝室の内部に設けたいものです。同じフロアに基本的な生活空間があれば上下階の移動の負担が少なくなります。また、トイレや脱衣室など居室との温度差が大きい場所には暖房設備を取り入れましょう。

ポイント⑤ 不安定な姿勢になる場所には手すりを設ける
 転倒の危険性が高い階段などはもちろん、玄関の上がり下りやトイレ、浴室など、腰掛ける、立ち上がる、片足立ちになる場所には手すりりを設けましょう。ちょっとした場所に手すりがあるかないかでお年寄りにとっては生活のしやすさがかなり変わります。
また、現在は手すりが必要でない場合でも、将来のために壁の下地を補強しておきます。