将来を考えたプラン

「将来二世帯で暮らす予定がある」という場合は、将来の暮らしを想定して、現在の間取りを計画しておきます。例えば、納戸など予備室を設けておく、将来キッチンや浴室に変更したり、増築、間仕切りができるように考えておきます。同居が近い将来なら設備を整えておいてもいいですが、何年も先の場合は電気系統や水まわりの配管をあらかじめ準備しておくと変更も楽で、改造がスムーズに行えます。

また、同居を予定していた子供が遠くへ転勤してしまうなど、将来の二世帯同居は不確定を要素が多くあります。そこで、そのような場合に対応できるよう外階投を設けたり、子世帯スペースを賃貸できるようにしておくことも検討材料です。