建築費が割安になること

住宅建築でもっとも費用がかかるのは、①構造強度に関係してくる屋根・外壁・基礎など、②キッチン・浴室・トイレなど機能面の技術革新がめざましく、高機能が求められる水まわりです。
小さな家を2軒建てるより大きめの家を1軒にすると、②の設備は減りませんが、①の主要構造が一体となるため、工事費は節約できます。また、外構や庭なども共有でき、施工時の現場経費も節減できます。②の水まわりを共有すればさらに経済的ですが、少々費用がかさんでも基本的には別々にするのがなかよく暮らす秘訣です。