二世帯住宅の資金活用

住宅金地公庫では融資申し込み者の年齢が70歳以上でも、親の返済を子が引き継ぐという方法で親子リレー返済を利用できます。また、親子それぞれがエ事費を負担すると区分所有登記をすることになり、建物は1つでも2つの住宅として認められ、それぞれの世帯で融資が受けられます。税金面でも区分所有などの条件によって、不動産取得税、登録免許税、固定資産税などの軽減措置があります。